【Web系エンジニア】フロントエンドとバックエンドどっちがいい?【結論、〇〇】

プログラミング
エンジニア志望の人
エンジニア志望の人

Web系のエンジニアを目指したいと思っています。大きく分けてバックエンドエンジニアとフロントエンジニアがあると思います。どちらの方を目指した方が良いのでしょうか?

ぽこら
ぽこら

この記事を書く私は、プログラマー歴10年でして、現在はクラウドエンジニアとしてバックエンドの仕事をしています。

私の経験を基に、バックエンドエンジニアとフロントエンジニアどちらがいいのか解説します。

フロントエンドエンジニアとは?

フロントエンドエンジニアとは、一般的にWebサイトの視覚的な部分を開発するエンジニアです。

具体的には、HTMLやCSSでWebサイトの描画構造を定義したり、JavaScriptでクリックやスクロールに対するWebサイトの描画をよりグラフィカルに表現したりするような機能を設計・実装します。

最近はVue.jsやReact、Angularといったフロントエンド用のフレームワークを使用した構成が一般的なものになってきています。

Webサービスの視覚的な部分に関わること、デザイン的な部分であることから、この仕事は比較的勉強し易い分野であることから、駆け出しエンジニアには認識の職種です。

バックエンドエンジニアとは?

バックエンドエンジニアは、ユーザに見えない裏動作の部分を開発するエンジニアです。

裏動作とは、具体的にはデータの保存やデータベース、認証機能といった内部ロジックです。Webサイトにアクセスしたユーザから受けたリクエストデータを保存したり取得したりして、ユーザに結果を応答する動作を実装します。

WebサービスフレームワークですとRuby on Rails (Ruby) やLaravel (PHP)、Django (Python)を使用することが一般的となっており、データベースはRDBですとMySQL・PostgresSQL・Oracle・NoSQL等を要件や会社の事情に合わせて使い分けます。その他にもセキュリティや冗長性、スケーラビリティといった非機能面の検討も必要になってきます。

フロントエンドと比較すると、ややユーザに対しての機能性を見せることができない職種ではありますが、フロントエンドだけでなくインフラエンジニアやクラウドエンジニアといった様々な職種と仕事をしていく必要がありますので、比較的広い知見を必要とされるポジションです。

バックエンドとフロントエンド、どっちがいいの?

結論、フロントエンジニアから始めましょう。

なぜなら、フロントの方がとっつきやすいからです。

フロントエンジニアは、ユーザが閲覧するWebページの表示機能を実装します。
こういった機能面の開発は、コードの変更が直接反映されやすい仕事です。
なので、最初は仕事に対してモチベーションが保ちやすい。

どちらをやるか迷っている人は、フロントエンジニアを目指しましょう。

よくある質問:バックエンドエンジニアは選ばない方がいい?

こういう主張をすると、「バックエンドエンジニアを選ばない方がいいのか」という質問がでてきます。

バックエンドに興味がある方は、無理してフロントエンドを選ぶ必要はありません。

なぜなら、バックエンドエンジニアも技術的な需要が高いからです。

具体的には、バックエンドエンジニアはミドルウェアやOS・インフラに理解があるので、日機能要件に知見を持つことができます。

非機能要件を理解することで、常にサービスを動作し続けるための可用性や、セキュアな状態を保つ為の信頼性を担保させるための仕組みを設計できるようになるからです。

バックエンドエンジニアを選んでも問題はありません。

両方できるフルスタックエンジニアを目指しましょう

エンジニアとして、ディレクターや高単価案件で稼ぎたければ、フルスタックエンジニアになることをおすすめします。

フルスタックエンジニアとは、インフラ、バックエンド、フロントエンドを全て経験しているエンジニアのことを呼びます。

こういったエンジニアは、複数の仕事を掛け持ちしたり、複数のチームを束ねるブリッジとしての役割を担ったりすることになります。

故に、希少性が高まるので単価も上がります。

補足:なぜフルスタックエンジニアが求められるの?

フルスタックエンジニアが必要となる背景が気になると思います。

必要となる場面は、2つ考えられます。

  • ベンチャー企業やスタートアップ企業
  • ディレクター層

順番に説明します。

ベンチャー企業やスタートアップ企業

こういった企業は従業員数が少ないため、分担しなければいけない仕事を1人でこなす必要がある場合があります。

そういった環境には魅力的な人材となります。

ディレクター層

ディレクターは様々な技術分野にノウハウがある人たちとスケジュール・仕様設計等のすり合わせを行う必要があります。

そういった状況で各技術分野に理解があるとスムーズに議論が進みます。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました